日本最大級のワインメディアが厳選した「ワイン通販」

フリーワード検索

グロンニェ ブラン・ド・ノワール

女性醸造家ならではの感性で造りだされる黒ぶどうのみをブレンドした高品質シャンパーニュ

通常価格: 5,700 
5,500  4%OFF
6,050 (税込)
グロンニェ ブラン・ド・ノワール評価
生産地
フランス
原産地呼称
シャンパーニュ
ブドウ品種
ピノ・ノワール,その他
インポーター
ヌーヴェル・セレクション

このワインの特徴

シャンパンと共に生きる

グロンニェはフランスの映画女優のような美人醸造家セシル・グロンニェ(Cecile Grongnet)が、愛情を込めて造るシャンパンです。

セシル・グロンニェはグロンニェ・ファミリーの5代目で、彼女はシャンパーニュ造りにおける行程のほぼすべてを彼女自身で行います。このシャンパーニュハウスは初代グロンニェによって設立された1885年以来、ずっと同じ場所でシャンパーニュ造りが行われてきました。この様なシャンパーニュハウスで育った彼女には、彼女の両親や祖父母がシャンパーニュを造る様を見るなど、幼少期よりシャンパーニュ造りが身近にありました。

「子供の頃は木製プレス機が遊び場でした。いつもシャンパンと共にある自分の人生を、誇りに思っています」

という彼女。 その高き誇りは、彼女のシャンパーニュ造りに大きな影響を与え、彼女のチャーミングな外見からは想像できないような煮えたぎるような情熱と職人根性をもって、畑仕事とシャンパン造りに毎年打ち込んでいます。

彼女のエネルギーは、8種類程ある、グロンニェのシャンパーニュセレクションすべてに注がれています。 そうして造られた彼女のシャンパーニュはフランス・パリでの評判が良く、フランスのワイナリーガイド「Guide Hachette」に掲載されるなど、 1500人以上のパリジャンたちが毎年彼女の新作を心待ちにしている、というのも納得です。

また、どんなにシャンパーニュに情熱を注いでも、母親として、子育てにも奮闘しています。 彼女の造るシャンパーニュの一つに「Carpe Diem(カルプ・ディエム)」と言う名のワインが有りますが、これは2500年前のローマの格言で、”今を楽しむ”という意味。彼女自身が命名したシャンパーニュのごとく、彼女自身も今を大いに楽しむ為に、2011年生まれの娘さん(ルイゾンちゃん)の育児と仕事を両立させながら、女性ならではの感性によって、優しく繊細なスタイルのシャンパンを造り続けています。

コート・ド・セザンヌで注目のRM

グロンニェはブドウ栽培とシャンパーニュ造りを一つのドメーヌで一手に担う、Recoltant Manipulant(RM=自家栽培したぶどうで自らシャンパーニュを造る独立系生産者)。

このRMが所在するエトージュ村(Etoges)は、「コート・デ・ブラン」の南、地域区分でいうと「コート・ド・セザンヌ」に属します。シャンパーニュ全体からすると、比較的新しく、多くのRMがしのぎを削っている地域です。 この土地はコート・デ・ブランと同様の白亜質にやや粘土質が加わる土壌です。

一般的に、白亜特有の豊富なミネラルがブドウに豊富な酸を加え、粘土質がブドウに力強い果実味と深いコクをシャンパンに与えると言われています。 その様に造られた彼女のシャンパーニュですが、フランス国内用に、輸出用にと大変人気があり、イタリア、ドイツ、スウェーデン、デンマーク、アメリカ、オーストラリア、日本などで楽しまれています。また、その人気から、グロンニェはコート・ド・セザンヌ地区随一のレコルタン・マニピュランともいわれます。 その証拠に、彼女はRMのの振興団体「Club Tresors de Champagne」に加盟する26のRM(2013年1月現在)が、良年に限って仕込む「ミレジム」を、共通のボトルおよび共通のラベルデザインによって展開する特別プロジェクトである「Special Club」にも参画、醸造しています。

セシル・グロンニェがシャンパーニュ造りに参画し始めたのは2003年。このシャンパーニュハウスを継承したのは2014年。14ヘクタールの畑は、これら高品質のシャンパーニュ造すべてを取り仕切る彼女が面倒見きれる丁度いいサイズではないでしょうか。 栽培においてもリュット・レゾネを採用。(化学肥料は一切使用しない農法。オーガニックやビオディナミ農法とは違う)また、酸化防止剤の使用も極力抑えているので、二日酔いになりにくいとも言われます。.

ブラン・ド・ノワール

ピノ・ノワール50%とピノ・ムニエ50%で造られるブラン・ド・ノワールは平均樹齢30年で育ったものを使用します。全体の半分はステンレスタンクでマロラクティック発酵させ、残りの半分は木製の大樽(33hl)でマロラクティック発酵させずに醸造します。

RMは生産規模が小さく、2-3年のリザーヴワインをブレンドしたNV(Non-Vintage)を売り出すシャンパーニュハウスも少なくない中、グロンニェでは複数の醗酵違いのストックを作り、5年分のリザーヴワインをブレンドするのはとても素晴らしい事です。こんなところにもセシルのこだわりが垣間見えます。

「ピノ・ノワールは力強い果実味、ムニエはフルーティーさとフィネス。これらをブレンドすることにより、よりバランスの良い、複雑な味わいのブラン・ド・ノワールになります」(セシル・グロンニェ)。

ワイン名 グロンニェ ブラン・ド・ノワール
産地 フランス>シャンパーニュ>コート・デ・スザンヌ>エトージュ村
呼称 シャンパーニュ
品種 ピノ・ノワール50%、ピノ・ムニエ50%
生産者 グロンニェ
生産年 NV
原語 Blanc de Noirs Grongnet
泡白
容量/Alc 750ml/12%

このワインのインポーター

ヌーヴェル・セレクション
ヌーヴェル・セレクション

http://www.nouvellesselections.com/

ワインに「新しい価値基準」を。
~「ピュアで繊細な、薄旨スティルワイン」、
「気品に満ちた、濃密な味わいのシャンパン&スパークリングワイン」、「何か一点において際立った独自性と夢があるワイン」の紹介を企業使命としております~

投稿はありません

レビューを書く
通常価格: 5,700 
5,500  4%OFF
6,050 (税込)
在庫切れ