日本最大級のワインメディアが厳選した「ワイン通販」

フリーワード検索

シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードン

柑橘系の風味とシャブリ特有のミネラル感が印象的な辛口の白ワイン

3,400 
3,672 (税込)
シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードン評価
生産地
フランスブルゴーニュ
原産地呼称
シャブリ
ブドウ品種
シャルドネ
インポーター
三国ワイン

このワインの特徴

伝統ある家族経営のワイナリー

メゾン・ジョゼフ・ドルーアンは1880年に古代ローマ要塞の壁の内側に位置する、ブルゴーニュワインの中心地ボーヌに創立されたワイナリーです。ジョセフ・ドルーアン氏によって設立されて以来130年以上もの間、家族経営にこだわり、頑なに創業当時から受け継がれるテロワールへの信念を守り、「エレガンスとバランス」を追求し続けています。


3代目のロベール・ドルーアン氏が指揮を執っていた1976年には除草剤などの化学薬品の使用を一切禁止し、1988年からはエステートマネージャーのフィリップ・ドルーアンにより、本格的なオーガニックワインの醸造に取り組んでいます。2003年に経営は4代目フレディック・ドルーアン氏にバトンタッチしながらも、その家族経営強みを生かし、3代目のロベール・ドルーアン氏の4人の子供すべて、ヴェロニク、ローラン、フレデリック、そしてフィリップがワイン造りにかかわっています。

 


また、メゾン・ジョゼフ・ドルーアンはワインオークションでも有名な慈善病院オスピス・ド・ボーヌに自社のぶどう畑を寄贈していることでも知られています。ネゴシアン(ワインを他社から買って熟成とブレンドし、自社ラベルで販売)としても有名なジョセフ・ドルーアンですが、やはりブルゴーニュとしては規模の大きい、約70haの自社畑を所有し、その90%が1級、もしくは特級畑。常に最新の技術を取り入れ、しかし伝統も守り続けながら高品質なワインを造り続けるメゾンです。

 

厳しい環境下でのオーガニック栽培

シャブリは世界的に人気が高く、いつの時代もその高い需要にワインの生産が追い付かず、生産者たちは苦労しているようです。生産者にとって難しい土地シャブリでは、農薬を使用しブドウを栽培することが1980年代まで普通でした。シャブリの生産を1968年に始めたメゾン・ジョセフ・ドルーアンでも使用されていたようです。

しかし、結果として畑や大地(テロワール)の持つポテンシャルが大きく失われ、ワインの味にも大きな影響をもたらしたと考える生産者も多かったようです。メゾン・ジョセフ・ドルーアンもそのうちの一つで、1988年には栽培環境の厳しいシャブリにて大手生産者で初めて有機栽培を導入。一度農薬を使った土壌と言うのは簡単に自然な環境に戻る訳ではないので、彼らには大きな決断だったと思われます。

さらに2003年からはビオディナミ農法を導入。畑は伝統的な犂(すき、プラウ)を使って耕され、肥料も野菜で造った天然の堆肥を使用しています。ブドウの様々な病害や害虫などの対策には、天然である捕食動物やバクテリアを使い、より徹底したオーガニック栽培に取り組んでいます。このことは環境にやさしいだけでなく、何より同社のポリシーである純粋なテロワールの表現のためには最良の方法です。テロワールへの敬意、ブドウの樹に対する愛着、そして彼らの経験と絶え間ない研究開発により、ブドウ本来の力量を発揮したワインが造られます。

 

立地に恵まれたシャブリ・レゼルヴ・ド・ヴォードン

現在、メゾン・ジョゼフ・ドルーアンはグラン・クリュに3.4ヘクタール(ヴォーデジール1.5ha、レ・クロ1.3ha、レプルーズ0.5ha、ブーグロ0.4ha)、プルミエ・クリュに7.2ヘクタールを含む合計約38ヘクタールのヴィンヤードをシャブリ地区に所有しています。このようにドルーアンが所有するヴィンヤードは歴史的に区切られたアペラシオンの中に存在しています。ACシャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードンの畑においても、格上のプルミエクリュのモント・ド・トネールとモン・ド・ミュールの間という、かなり立地の良い場所にあります。

キンメリジャン石灰質土壌で牡蠣の化石を大量に含む粘土質土壌、ビオディナミ農法で育てられたブドウはクリーンなワインを造るのに適しています。自動温度管理されたステンレスタンクの中で20℃と白ワインとしては高めの温度で天然酵母により発酵、その後マロラクティック醗酵を経てステンレスタンクにて7~8ヵ月熟成させます。



グリーンがかった黄色の外観は冷涼な気候で育ったクリーンなブドウを連想させます。柑橘系のフレッシュでフルーティーな香りにミントリーヴやレモングラスを思わせる爽やかな印象の香り。生き生きとしたクリーンで上品なレモンなどの柑橘系を思わせる酸味とアルコールのバランスが良く、程よいテクスチャーが生まれています。シャブリ特有のキンメリジャン石灰質土壌がもたらすミネラル感がフィニッシュに印象的な辛口の白ワインです。

この様なクリーンで上品な酸を持つ白ワインは8~12℃位に程よく冷やして飲むのが良いでしょう。冷やし過ぎては酸味がシャープになりすぎで香りも閉じ気味に、逆に高いとその酸味がうまく活かされません。古典的なフードマッチングである、生牡蠣や新鮮な魚介のサラダなどと相性が良さそうです。和食では鶏の出汁が良く効いた水炊きや、白身と青魚のお寿司などと楽しめそうです。

 

飲むだけじゃない!カーヴがお届けする特典商品

 

カーヴでは、購入したワインの情報が詰まった「特製ワインカード」を一枚お付けしてお送りしています!

ボトルネックに取り付けてホームパーティーなどの演出に使うも良し!
初回特典としてお送りしている特製カードファイルに集めて『自分だけのワインリスト』を作るも良し!

ぜひ購入したワインと共に様々な趣向でお楽しみください♪

※ ワインボトル画像はイメージのため、現物(生産年やラベル等)と異なる場合がございます。
※ ラベルならびにヴィンテージは予告なく変更となる場合がございますのでご了承くださいませ。

 

    
ワイン名 シャブリ レゼルヴ・ド・ヴォードン
産地 フランスブルゴーニュ
呼称 ACシャブリ
品種 シャルドネ
生産者 ドメーヌ・ドルーアン・ヴォードン
生産年 -
原語 Domaine Drouhin Vaudon Chablis R?serve de Vaudon
容量/Alc 750ml/12.5%

このワインのインポーター

三国ワイン
三国ワイン

http://www.mikuniwine.co.jp/

人々に和みと潤いを与え、心豊かな生活の場を提供する

投稿はありません

レビューを書く
3,400 
3,672 (税込)
+