日本最大級のワインメディアが厳選した「ワイン通販」

フリーワード検索

商品を絞り込む 商品を絞り込む

初夏に飲みたいスパークリングワイン特集

 

 
初夏を感じるこの季節に飲みたい!スッキリ爽やかなスパークリングワイン特集!!

 

近頃めっきりと気温もあがり、初夏を感じさせる陽気となってきました。
こんな暑すぎず寒すぎずのこの時期には、スッキリ爽やかな飲み物が欠かせませんね♪

そろそろ冷蔵庫にはスパークリングワインを常備しなくては...と準備を進めているのはきっとカーヴスタッフだけではないと思います。

 

そこで今回は、カジュアルレンジのスパークリングワインからシャンパーニュまで。
カーヴおすすめのワインをご紹介いたします。

ぜひこの機会にご堪能ください♪

 

初夏を感じさせる陽気の中で飲みたい♪
おすすめスパークリングワインはこちら!

 

ベルナール・ペルトワ
ブリュット・ブラン・ド・ブラン
グラン・クリュ

ベルナール・ペルトワ ブリュット・ブラン・ド・ブラン・グラン・クリュ

  商品ページはこちら ≫ 

 

ベルナール・ペルトワはシャルドネ栽培で有名な、コート・デ・ブランの中心地であり、グラン・クリュの一つでもある、ル・メニル・シュル・オジェにあります。

とはいえ、グラン・クリュの畑を擁することにあぐらをかく様なことはせず、厳格なリュット・レゾネ栽培や、天然酵母のみを使った発酵、一番絞り果汁のみの使用、マロラクティック発酵を行うといった様々な試みを栽培、醸造で実践しています。

平均樹齢25年で育ったシャルドネ100%使用(95%ル・メニル・シュル・オジェ、5%オジェ産)。テット・ド・キュヴェ(一番絞り果汁)のみを使用し、約4年間の瓶熟成。ザージュは4.5~5.5g/lと比較的ドライな仕立て。

年間生産量は17000本のみですが、良心的な蔵出し価格で、コストパフォオーマンスの高さは圧巻のシャンパーニュです。

 


 

ヴィクトワール ロゼ ブリュット

ヴィクトワール ロゼ ブリュット

  商品ページはこちら ≫ 

 

「ヴィクトワール」は、1869年にエペルネで設立された歴史ある企業であり、家族経営のシャンパーニュ企業としては最大規模を誇る「G.Hマーテル社」が手掛けるシャンパーニュメゾンです。
日本ではあまり耳慣れない社名ですが、ワインの年間生産量は世界第6位のおよそ800万本(生産能力1000万本!)という、世界的にはとても有名なシャンパーニュグループなのです。

『ヴィクトワール』は世界30カ国以上で販売されているため、市場によって甘さへのこだわりが異なります。
世界の潮流でいくと「甘さ控えめなドライな味わい」が好まれており、日本で流通する「ブリュット」のシャンパーニュの多くは残糖分が6~8g/lあたりが一般的ですが、ヴィクトワールではそれよりやや高めの10g/lに設定しています。
とはいえ、実際に飲んでみると「甘さが強い」といった印象はなく、逆に酸がまろやかになって飲みやすくなり、絶妙なバランスに仕上がっています。

「勝利」という縁起の良いブランド名と、その飲みやすさにちなみ、贈答品としても最適なロゼシャンパーニュです。

 

       

 

ドメーヌ・デュ・ビシュロン
クレマン・ド・ブルゴーニュ
ブラン・ド・ブラン

ドメーヌ・デュ・ビシュロン クレマン・ド・ブルゴーニュ ブラン・ド・ブラン

  商品ページはこちら ≫ 

 

ドメーヌ・デュ・ビシュロンは、人口約600人のペロンヌ村で4代に渡るドメーヌです。現在は家族3人で経営を行い、地元のレストランを中心にマコネ地区の人々に親しまれるワイン作りを行っています。

このワインは、平均樹齢40年の古樹で栽培したブドウを全て手摘みで収穫し、シャンパーニュと同じ瓶内二次発酵方式を採用しています。
“100%このワインのために用意された”という2haの畑から、年間僅か12,000本のみしか生産されておらず、高級なシャンパーニュにも決して引けを取らない、きめ細かな泡立ちと芳醇な香りが特徴の自然派スパークリングワインです。

 


 

センティネラ・ブリュット
ブラン・ド・ブラン

センティネラ・ブリュット ブラン・ド・ブラン

  商品ページはこちら ≫ 

 

”コノスル”とは「南の円錐」という意味で、南向きの円錐の形をした南米大陸から世界に向けてニューワールドワインの魅力を発信していこうというヴィジョンをもって1993年に設立されました。
設立後十数年のうちに、チリ第2位の輸出量を誇るまでの大ブランドに成長したコノスル。その成長の原動力であり、コノスルの理念でもある「イノヴェーション」を常に追い求める姿勢は、時代に先駆けて行われてきた数々の取り組みにあらわれています。

センティネラは、そんなコノスルにおいて初の試みとなる瓶内二次発酵で作られたスパークリングワインです。
マグロやサーモンなど、日本でも使われている幅広い食材とも合わせやすく、日本料理のクリーンで繊細な味わいとも最高の相性です。

チリは、あのパワーストーンとして有名な「ラピスラズリ」の産出国としてもたいへん有名な産地です。
センティネラのラベルも、そんなラピスラズリを思わせるような上品なライトブルーを貴重としており、他のボトルに埋もれない個性あるカラーに仕上がっています。

常に時代に先駆けたコノスルが満を持して提供する、お祝いの席やギフトなどにもピッタリなスパークリングワインです。

 


 

ロジャーグラート カバ プラチナ
ドゥミ・セック レセルバ

ロジャーグラート カバ プラチナ ドゥミ・セック レセルバ

  商品ページはこちら ≫ 

 

ロジャーグラートは「スペインでもシャンパンに匹敵するスパークリングワインを作りたい」という創業者の想いのもと、1882年に誕生したワイナリーです。
伝統的で洗練されたシャンパン製法を厳格に従い、現在では世界のシャンパン愛好家達からも絶大な人気を博すまでに成長を遂げています。

このワインは、やや甘めのカテゴリーである「ドゥミセック」ですが、最低限の甘さに留めることにより、飲み飽きることなく爽やかに愉しめます。
近年の“ドライ嗜好”の傾向により、ブリュットゼロといった補糖を限りなくゼロにしたワインも数多く存在していますが、ある程度の甘みがあることにより、酸がまろやかになって飲みやすくなります。

ワインをあまり飲み慣れていない方はもちろん、ドライタイプのワインを飲んできた方々にこそ、ぜひ一度味わっていただきたいスパークリングワインです。

 


 

ヌ・アロンジェ・ロサード

ヌ・アロンジェ・ロサード

  商品ページはこちら ≫ 

 

エメンディスは2006年にジョルディ氏とアナ氏の若い夫婦が立ち上げたワイナリーです。
家族経営で小規模ながらも、土地と気候、ブドウの品種ごとに適した栽培・熟成度を常に見極めたワイン作りを行っています。

ワインのエチケットには、スペインを代表する芸術家サルバトーレ・ダリのデッサンである「横たわる裸体の女性(ヌ・アロンジェ)」が描かれており、それにちなみ"u"の文字をダリのヒゲのようにあしらっています。

スペインの中でも地中海側の地域で多く栽培されているモナストレルを主体としており、厚みのある果実味でありながらも適度な酸によりドライな味わいに仕上がっています。色鮮やかでパーティーなどの食前酒にも最適なロゼカバです。

 


 

 

5,600 
6,048 (税込)

常連客の予約で完売し、これまで世に広まることがなかった絶品シャンパーニュ

7%OFF
2,600 
2,808 (税込)

コノスル初!チリでも極めて珍しい『瓶内二次発酵』で作られたブラン・ド・ブラン(シャルドネ100%)

1,700 
1,836 (税込)

色鮮やかでパーティーなどの食前酒にも最適!厚みのある果実味と適度な酸によりドライな味わいのロゼカバ

5%OFF
9,500 
10,260 (税込)

【限定24本!】 「勝利」という縁起の良いブランド名と、その飲みやすさにちなみ贈答品としても最適なロゼシャンパーニュ

20%OFF
1,760 
1,901 (税込)

やや甘めのカテゴリーながら、飲み飽きることなく爽やかに愉しめるスパークリングワイン

7%OFF
2,480 
2,678 (税込)

シャンパーニュにも引けを取らない、きめ細かな泡立ちと芳醇な香りが特徴の自然派スパークリングワイン