日本最大級のワインメディアが厳選した「ワイン通販」

【送料無料】『ボッシェンダル』の上品さを堪能!ボルドー・ブルゴーニュと飲み比べセット

南アフリカとフランスの同価格帯の赤・白ワインを組み合わせた4本セット

通常価格: 9,480 
8,200  14%OFF
8,856 (税込)

セットに含まれているワイン

突然ですが、「南アフリカのワイン」と聞いて、どのような印象をお持ちでしょうか?

アフリカ、という地名からイメージされる灼熱の大地。
外務省の危険地域に指定されている(レベル1)など、決して治安が良いとはいえないところから、とても高品質なワインが生まれるとは思わないかもしれません。

しかし実際は、南アフリカは素晴らしいワイン産地です。

南アフリカが位置するのもアフリカ大陸の最南端。そこまで"アフリカらしい"気候ではありません。

また、現在では世界中に広がる「ニューワールド」の産地の中で、南アフリカは最古の産地にも挙げられる伝統的な産地です。

南アフリカのワイン作りも、大昔に移り住んだフランス人がはじめており、そのワインの味わいはフランスに非常に近いエレガントな仕上がりです。

しかし、あまり触れる機会が少ないことから、ついつい誤解されがちな「南アフリカのワイン」。

今回は、そんな南アフリカのワインにぜひご興味をもっていただきたい!という思いのもと、「南アフリカの芸術」と称され、南アフリカでは最古の生産者に数えられる「ボッシェンダル」のワインと、フランス ボルドー・ブルゴーニュの同価格帯のワインとを組み合わせたセットをご用意いたしました!

「カーヴ」でも、特に自信をもってお勧めしており、味わいにおいても、コスパ面で考えても非常に優れたワインです。
ぜひお試しいただき、南アフリカというイメージを一新させてみて下さい!

 

創設はなんと1685年!フランスからの移民によって生まれる

南アフリカのフランシュック・バレーは南アフリカでブドウ栽培における銘醸地であるコースタル・リージョンの一つの小地区。この場所にボッシェンダルのワイナリーはあります。
年間降雨量1200mmのうち、70%が冬に集中する為、肥沃な土地に植えられたブドウの樹は早春にしっかりと休息することが出来ます。夏場には乾燥し、病害のリスクが低く安定した気温が続く、まさにブドウ栽培に適した土地です。

彼らの畑はフランシュック・バレーのベルク河沿いからサイモンベルク山まで14kmにもおよび、それぞれに適した場所に適したブドウが植えられています。特にブドウ品種と土壌の適合には細心の注意が払われています。海抜120mから450mに及ぶエリアにはローム質のオークリーフ土壌やTukulu, Pinedine, Blonemdalなどの南アフリカ特有の表面層土壌、底土にある粘土質や砂利質などが混ざり合っていて、よりブドウの個性が強調されたワインを造ることが出来ます。

このように、このワインを手掛けるボッシェンダルはフランスのブドウ栽培の伝統を継承する最古のニューワールドワイン生産者の一つで知られており、設立は1685年と300年以上の歴史があります。激動の南アフリカの歴史に見られるように、ボッシェンダルにも様々な歴史があり、畑のオーナが幾度と変わりながらも、初代フランス人オーナー、ジャン・ル・ロンから継承されるフランス式栽培を守り続けています。

最新の科学を活かしたワイン作り

ボッシェンダルでは、各品種ごとに区画分けし、異なる土壌で栽培しているので、個性が最大限に引き出されたブドウが使用されています。
それもそのはず、現在のオーナーは南アフリカにおいてトップのディストリビューターであり、自らもワイン生産を行っているワインのスペシャリストであるDGB社。彼らの念密な土壌調査の結果に基づき、ブドウ品種との適合性を考えられた畑の選定は緻密そのものです。

 

標高差約100m毎に異なる気温差や、土壌の質や混在具合により選ばれた品種がその場所には植えられます。
例えば、海抜250mほどの場所ではカベルネ・ソーヴィニヨンを、450mほどの場所ではソーヴィニヨン・ブランが栽培されています。単に品種を混ぜ合わせるだけでなく、ブドウ品種の個性を十分に理解し、引き出すことを念頭においているからこそ可能な手法なのです。
さらに、手摘みで収穫することによって、完全に熟した健全な果実のみが醸造に用いられます。 また、サイモンベルク山にほど近い場所で栽培されているため、様々な傾斜斜面に植えられたブドウをミックスすることが可能で、それぞれに異なった糖度や酸度のブドウがバランスよく組み合わさる事により、ボッシェンダルのワインに多様性を与えています。

恵まれた気候から、南アフリカ産のブドウは糖度が不必要に高くなりがちですが、ボッシェンダルの涼しい気候で育ったぶどうは、糖度が低く、なおかつ熟した果実のフレーバーを持ち合わせる事で、このワインは一貫したフィネスとエレガンスを持ち合わせています。

 

 

ボッシェンダル シャルドネ ピノ・ノワール評価
生産地
南アフリカ
ブドウ品種
シャルドネ,ピノ・ノワール
インポーター
三国ワイン

このワインの特徴

ピノ・ノワールをブレンドした複雑性のある白ワイン

ボッシェンダルのシャルドネは高い粘土質と砂利質の土壌に植えられていて、なおかつ高気温低雨量なので、とても華やかな香りに仕上がります。多様性のある土質から生産されたピノ・ノワールがミックスされた事により、ワインに程よいストラクチャーが生まれます。 また、シャルドネは樽発酵、ピノ・ノワールの大部分はステンレスタンクにて低温発酵と異なる醸造方法を用いる事により品種の個性を十分に引き出しています。

赤ワイン用品種がミックスされたこのワインですが、発酵前に皮は取り除かれているためにロゼ色になる訳ではなく、濃厚な輝きのあるパールイエローをしています。ワインの外観同様に、香りにも温暖な気候で収穫された完熟ブドウのニュアンスが出ています。

ピーチなどのストーンフルーツ、パイナップルやマンゴーといったトロピカルフルーツに加え、メロンの香りもあるリッチな仕上がり。 このワインの素晴らしい点は、シャルドネのふくよかな風味がしっかりとワインの軸を造りだして個性を出している事と、これにピノ・ノワールの持つフルーティーでエレガントなヴォリューム感とほのかに感じるスパイシーなニュアンスが加わり、香り同様に表れるトロピカルフルーツが見事に重なりあり、複雑な味わいを出している点です。 このようにヴォリューム感のある白ワインは、温度を少し高めに保ってあげると、その魅力がうまく引き出されます。10~14℃位で飲むのがいいでしょう。

リッチなニュアンスがあるので、合わせるお料理もリッチにクリームを使ったお料理、例えばグラタン、カルボナーラ、フリカッセなどはおすすめです。トロピカルフルーツと合わせてみても面白いかもしれません。

※ ワインボトル画像はイメージのため、現物(生産年やラベル等)と異なる場合がございます。
※ ラベルならびにヴィンテージは予告なく変更となる場合がございますのでご了承くださいませ。

ワイン名 ボッシェンダル シャルドネ ピノ・ノワール
産地 南アフリカ・コースタルリージョン
アペラシオン コースタルリージョン
品種 シャルドネ55%、ピノ・ノワール45%
生産者 ボッシェンダル
生産年 2015年
原語 Boschendal Chardonnay Pinot Noir
容量/Alc 750ml/13.5%

このワインのインポーター

三国ワイン
三国ワイン

http://www.mikuniwine.co.jp/

人々に和みと潤いを与え、心豊かな生活の場を提供する

ボッシェンダル シラーズ カベルネ・ソーヴィニヨン評価
生産地
南アフリカ
ブドウ品種
シラー(シラーズ),カベルネ・ソーヴィニヨン
インポーター
三国ワイン

このワインの特徴

エレガント、しかし力強くもあるシラーズ

このワインはシラーズを主体としており、そのスパイシーさやモカフレーバーを楽しめる力強いワインです。そこにカベルネ・ソーヴィニヨンが加わることによって、エレガントさ、フィネスをワインに与え、芳醇かつバランスの取れた果実味あふれる赤ワインに仕立てあがっています。

力強い二つの品種がブレンドされているだけあって、深みがありながらも輝きのあるガーネットの外観をしています。しっかりと熟成した果実から生まれるブラックベリーのリキュールのニュアンスがありながら、フレッシュなレッドカラントの様な赤い果実の香りもあります。黒コショウのスパイシーさやリコリスの様な甘い香りも楽しめます。

口の中で爆発するような果実味豊かな味わいからは、カシスやベリー系が感じられます。若々しくもあり、しっかりとしたタンニンがこのしっかりとしたワインの骨格を作り上げ、アフターにはモカや甘いスパイスを感じるなど、複雑味のある味わいです。

手摘みされ、完全に熟した健全なブドウは1~2週間かけて発酵されます。その後、75%のワインは樽にて熟成される事により、樽由来のスパイシーなニュアンスをワインに与える事が出来ます。12~14ヵ月にも及ぶ樽熟成によって、早い段階からも、少し瓶熟成をさせても楽しめる赤ワインとなっています。

この様な果実味豊かで骨格もあるスパイシーな赤ワインにはソースや味わいがしっかりとした肉料理と合わせると良いでしょう。ハチミツや醤油、スパイスなどをミックスしたソースで仕立てるスペアリブ、濃厚なデミグラスソースが決め手のビーフシチューなどが良さそうです。少し香りに特徴のある羊乳のチーズ、オッソイラティ―などと合わせても面白そうです。

※ ワインボトル画像はイメージのため、現物(生産年やラベル等)と異なる場合がございます。
※ ラベルならびにヴィンテージは予告なく変更となる場合がございますのでご了承くださいませ。

ワイン名 ボッシェンダル シラーズ カベルネ・ソーヴィニヨン
産地 南アフリカ・コースタルリージョン
呼称 コースタルリージョン
品種 シラーズ71%、カベルネ・ソーヴィニヨン29%
生産者 ボッシェンダル
生産年 2014年
原語 Boschendal Shiraz Cabernet Sauvignon
容量/Alc 750ml/14.0%

このワインのインポーター

三国ワイン
三国ワイン

http://www.mikuniwine.co.jp/

人々に和みと潤いを与え、心豊かな生活の場を提供する

ラフォーレ ブルゴーニュ シャルドネ評価
生産地
フランス
原産地呼称
ブルゴーニュ
ブドウ品種
シャルドネ
インポーター
三国ワイン

このワインの特徴

伝統ある家族経営のワイナリー

メゾン・ジョゼフ・ドルーアンは1880年に古代ローマ要塞の壁の内側に位置する、ブルゴーニュワインの中心地ボーヌに創立されたワイナリーです。ジョセフ・ドルーアン氏によって設立されて以来130年以上もの間、家族経営にこだわり、頑なに創業当時から受け継がれるテロワールへの信念を守り、「エレガンスとバランス」を追求し続けています。 

3代目のロベール・ドルーアン氏が指揮を執っていた1976年には除草剤などの化学薬品の使用を一切禁止し、1988年からはエステートマネージャーのフィリップ・ドルーアンにより、本格的なオーガニックワインの醸造に取り組んでいます。2003年に経営は4代目フレディック・ドルーアン氏にバトンタッチしながらも、その家族経営強みを生かし、3代目のロベール・ドルーアン氏の4人の子供すべて、ヴェロニク、ローラン、ロベール、そしてフィリップがワイン造りにかかわっています。 また、メゾン・ジョゼフ・ドルーアンはワインオークションでも有名な慈善病院オスピス・ド・ボーヌに自社のぶどう畑を寄贈していることでも知られています。

ネゴシアン(ワインを他社から買って熟成とブレンドし、自社ラベルで販売)としても有名なジョセフ・ドルーアンですが、やはりブルゴーニュとしては規模の大きい、約70haの自社畑を所有し、その90%が1級、もしくは特級畑。常に最新の技術を取り入れ、しかし伝統も守り続けながら高品質なワインを造り続けるメゾンです。

伝統的なオーガニック栽培

ブルゴーニュのワインは世界的に人気が高く、いつの時代もその高い需要にワインの生産が追い付かず、生産者たちは苦労しているようです。1950‐60年代にはそういったことから、農薬の使用がフランス全土でも多かった時期。メゾン・ジョセフ・ドルーアンでも使用されていたようです。 しかし、結果として畑や大地(テロワール)の持つポテンシャルが大きく失われ、ワインの味にも大きな影響をもたらしたと考える生産者も多かったようです。メゾン・ジョセフ・ドルーアンもそのうちの一つで、1976年には一切の農薬の使用を禁止しています。一度農薬を使った土壌と言うのは簡単に自然な環境に戻る訳ではないので、彼らには大きな試練だったと思われます。 

しかし現在では、畑は伝統的な鋤(すき)を使って耕され、肥料も野菜で造った天然の堆肥を使用しています。ぶどうの様々な病害や害虫などの対策には、天然である捕食動物やバクテリアを使い、徹底したオーガニック栽培に取り組んでいます。このことは環境にやさしいだけでなく、何より同社のポリシーである純粋なテロワールの表現のためには最良の方法です。テロワールへの敬意、ぶどうの樹に対する愛着、そして彼らの経験と絶え間ない研究開発により、ぶどう本来の力量を発揮したワインが造られます。

ネゴシアンとしての力量が図れるシャルドネ

メゾン・ジョセフ・ドルーアンは自社畑を所有しながらも、ネゴシアンとしても有能です。現に、4代目当主のフレディック・ドルーアン氏はブルゴーニュのネゴシアン組合の組合会長に2014年4月より就任し、業界を引っ張っていく立場にあります。

ラフォーレ・ブルゴーニュ・シャルドネはそんなネゴシアン・ジョセフ・ドルーアンの腕を確認できる一品です。南北に長い、土質の異なったブルゴーニュの様々なエリアのシャルドネをブレンドした辛口の白ワインは、温暖なマコネのブドウを中心とし、北はシャブリ、南はシャサーニュ・モンラッシェやリュリイと様々なキャラクターをうまくブレンドしています。

ワイン醸造は空気圧式圧搾機(プヌマテイック方式)を使用し、ブドウに余計なストレスを掛けずにフレッシュな果汁を絞り出します。オーガニック栽培のブドウが持つ、天然酵母を使用した発酵。約25‐35%は樽醗酵を行う事により、より複雑味を持ったワインが生まれます。ステンレスタンク及び、1-2年の古樽にて7-8ヵ月熟成を経てボトリングされます。

緑がかった金色の色調、青リンゴ、レモンやライムなどの柑橘系とアーモンドの香りはブルゴーニュのシャルドネの特徴がしっかりと表れています。フレッシュで果実味に溢れた味わい。搾りたてのブドウやアーモンドのフレーバーが特徴的。全体的な特徴はマコネから、生き生きとした骨格はシャブリ、ボディはリュリイ、複雑さはシャサーニュ・モンラッシェからと、様々なエリアのぶどうブレンドに由来されています。

フレッシュな辛口白ワインなので、自然の旨みを生かした魚介料理とのフードマッチングが良いでしょう。アサリのワイン蒸しや白身魚のムニエルなどです。和食でも、てんぷらなどと相性が良さそうです。

※ ワインボトル画像はイメージのため、現物と異なる場合がございます。
※ ラベルならびにヴィンテージは予告なく変更となる場合がございますのでご了承くださいませ。

ワイン名 ラフォーレ ブルゴーニュ シャルドネ
産地 フランス>ブルゴーニュ
呼称 ACブルゴーニュ
品種 シャルドネ100%
生産者 メゾン・ジョゼフ・ドルーアン(ブルゴーニュ)
生産年 2014年
原語 Maison Joseph Drouhin LAFORET Bourgogne Chardonnay
容量/Alc 750ml/13.0%

このワインのインポーター

三国ワイン
三国ワイン

http://www.mikuniwine.co.jp/

人々に和みと潤いを与え、心豊かな生活の場を提供する

ドメーヌ・ド・リル・マルゴー評価
生産地
フランス
原産地呼称
ボルドー
ブドウ品種
メルロ,その他
インポーター
ベルーナ
 

このワインの特徴

あの「シャトーマルゴー」がかつて所有していた神秘の島

ワイン好きであれば一度は飲んでみたい魅惑のワイン、シャトー・マルゴー。そのシャトー・マルゴーが1740~1875年まで所有していた島。それが「イル・マルゴー=マルゴー島」です。

場所はマルゴー村からわずか1600m。ジロンド川の中洲にあるわずか24ヘクタールしかない小さな島です。シャトー・マルゴーとほぼ同じ土壌で形成されており、気候はメドックの陸地よりも温暖なことから、霜害や干害に見舞われることがありません。河は海とつながっているので、満潮には適度な水分が、干潮には自然な水はけとなり、河霧に包まれた神秘のテロワールを形成しています。

フランスでは極めて珍しい、接ぎ木ではなく原木の葡萄の樹から作られるワイン

フランスに限らず、ヨーロッパ系の葡萄品種を栽培し、ワインを生産していたワイナリーの多くは、19世紀後半、ほぼ全滅に近いほどの被害を及ぼした過去があります。品種改良などの理由によって、アメリカ大陸原産の葡萄の樹をフランスへ持ち込んだ際に付着した害虫、フィロキセラ(別名:ブドウネアブラムシ)によって、葡萄の樹が次第に衰弱して枯れてしまうといった事態が発生したのです。
発生当時は、なぜぶどうが次々と枯れていくのか、原因も対処法もわからないまま、被害はスペイン・イタリア・ポルトガルなど、ヨーロッパの主要産地にまで及んでいきました。その後、フィロキセラは、アメリカから持ち込まれた害虫だということを突き止め、ヨーロッパ原産の葡萄にはその耐性がなかったことが判明します。
そこで、フィロキセラの耐性があるアメリカ原産品種を台木にし、ヨーロッパ品種を接ぎ木をすることで被害を食い止めることができたのです。そのため、現在フランス国内のほとんどの葡萄の樹は、「アメリカ原産品種の台木にヨーロッパ品種を接ぎ木」したものが栽培されています。

ところが、この「マルゴー島」は陸地が川によって隔てられているため、フィロキセラをはじめとする害虫に侵攻される心配がありません。そのため、フランスはおろかヨーロッパにおいても極めて珍しい、葡萄の樹が接ぎ木ではなく原木のまま栽培されている、まさしく“神秘のワイン”なのです。

マルゴー村の”ボルドー・シュペリュール”ワイン

「マルゴー島」は、地理的にはマルゴー村の中に存在しますが、ワインの原産地呼称上においてはACマルゴーを名乗ることができませんでした。島という独特な地形が議論を生み、本土でないと見なされてしまいACマルゴーよりも広域のACボルドー・シュペリュールという扱いとなってしまいました。

そのため、シャトー・マルゴーが島を売却することになりましたが、テロワールはマルゴーそのもの。一本数万円はするシャトーマルゴーの味わいを、二千円台という大変お求めやすい価格で味わえるというのは大変魅力的です。重すぎない渋味、シルキーなのど越しで大変飲みやすく、上品な味わいに仕上がっています。

ワイン名 ドメーヌ・ド・リル・マルゴー
産地 フランス>ボルドー
呼称 ボルドー・シュペリュール
品種

メルロ45%、カベルネ・ソーヴィニヨン20%、プティ・ヴェルド15%、

カベルネ・フラン10%、マルベック10%

生産者 ドメーヌ・ド・リル・マルゴー
生産年 2011年
原語 DOMAINE DE LILE MARGAUX
容量/Alc 750ml/15.0%

このワインのインポーター

ベルーナ
 

投稿はありません

レビューを書く
通常価格: 9,480 
8,200  14%OFF
8,856 (税込)
+

このワインと一緒に買っているのは?