日本最大級のワインメディアが厳選した「ワイン通販」

フリーワード検索

南アフリカの芸術!『ボッシェンダル』堪能セット

『カーヴ the select』がボッシェンダルの中でも特に優れたと思う4本セット

通常価格: 9,000 
8,000  11%OFF
8,800 (税込)

セットに含まれているワイン

突然ですが、「南アフリカのワイン」と聞いて、どのような印象をお持ちでしょうか?

アフリカ、という地名からイメージされる灼熱の大地。
外務省の危険地域に指定されている(レベル1)など、決して治安が良いとはいえないところから、とても高品質なワインが生まれるとは思わないかもしれません。

 

しかし実際は、南アフリカは素晴らしいワイン産地です。

 

ボッシェンダルワイナリー_地図

 

南アフリカが位置するのはアフリカ大陸の最南端。そこまで"アフリカらしい"気候ではありません。
また、現在では世界中に広がる「ニューワールド」の産地の中で、南アフリカは最古の産地にも挙げられる伝統的な産地なのです。

またワイン造りにおいても、南アフリカへ移り住んだフランス人がはじめたという歴史を持つことから、そのワインの味わいはフランスに非常に近いエレガントな味わいに仕上がっています。

 

ところが、あまり触れる機会が少ないことから、ついつい誤解されがちな「南アフリカのワイン」。
今回は、そんな南アフリカのワインにぜひご興味をもっていただきたい!という思いのもと、「南アフリカの芸術」と称され、南アフリカでは最古の生産者に数えられる「ボッシェンダル」のワインをセットにいたしました!

 

「カーヴ」でも、特に自信をもってお勧めしており、味わいにおいても、コスパ面で考えても非常に優れたワインです。

 

ぜひこの機会にご堪能いただき、南アフリカというイメージを一新させてみて下さい!

 

 

創設はなんと1685年!フランスからの移民によって生まれる

 

ボッシェンダルワイナリー

 

南アフリカでのワイン作りの始まりは、宗教による対立によってこの地にやってきたフランス人たちが深く関係しています。
当時のフランスでは、新教徒であるプロテスタント信徒にも、カトリック信徒と同じ権利を与えるという「ナントの勅令」が発令されていました。
これにより、礼拝の自由や公職に就くことができるようになるなどの諸権利を獲得していたのですが、1685年、「太陽王」として有名なルイ14世によって「ナントの勅令」が撤回されてしまいます。
そのため、多くのプロテスタント信徒が迫害を逃れるために、フランスを離れることになったのです。

 

ボッシェンダルワイナリー

 

この時にフランスを逃れたユグノー教徒たちによってブドウの苗木が持ち込まれ、ブドウを育て、それを醸造してワインを作ったのが、南アフリカでのワイン作りのスタートでした。
1685年頃にこういった流れを汲んでか、ワイナリーブームが起こり、いくつかのワイナリーが立ち上がります。その時、2番目に誕生したのが『ボッシェンダル』であり、南アフリカで2番目に古いワイナリーとして、今も広く知られています。
※ちなみに、1番目にできたワイナリーとはわずか4ヶ月の差でした

 

最新の科学を活かしたワイン作り

 

ボッシェンダルワイナリーの気温図

▲ ボッシェンダルワイナリーのブドウ畑の気温図

 

ボッシェンダルのこだわりは、気温差に合わせたブドウ栽培。
なんと!赤外線で地区の平均気温などをチェックし、そこに合わせた品種を植えています。

例えば、赤外線で温度が低めの場所にはソーヴィニヨン・ブランやセミヨン、中程度の場所にはシャルドネ、やや温暖なところにはカベルネ・ソーヴィニヨンなど、細部まで調査して適材適所の品種を栽培します。

 

赤外線画像

▲ 上空から赤外線調査を行い、温度や熟度具合を確認している

 

 

さらに、驚くのはひとつのブドウ畑にも赤外線での調査が行われており、太陽光の当たる量が時間でどう変わるのかも考慮して、畝の向きを変えているのだとか。
テロワールの良さに甘んじることなく、その中でも徹底して品質を追求している姿勢が伺えます。

 

 

それぞれのワインの特徴

爽やかな味わいが特徴のソーヴィニヨン・ブラン

このワインでは複雑性を持たせるために、ソーヴィニヨン・ブランのほかにセミヨンが少量ブレンドされています。
二つのブドウ品種には異なった柑橘系の香りがあり、長期熟成も可能なセミヨンはワインに深みを与えてくれます。

輝きのあるグリーンイエローは涼しい気候のもとに育てられたブドウの証し。
青々とした草を感じられるアロマに、マンゴーやパイナップルなどのトロピカルフルーツの様な果実の香りは、温暖な気候で育つソーヴィニヨン・ブランの特徴が分かりやすく表現されています。また、ハーブ系や柑橘系の香り、ベジタブル系の香りも感じ取れます。
香りと同様に青々とした草や、フレッシュなトロピカルフルーツや柑橘系など様々な表情を持つフレーバーが、フレンチオーク由来の甘いスパイス、例えばクローブ、などと相俟ってバランスの取れた長い余韻へと導きます。

香りに特徴のある魚介料理やスモークサーモン、白身魚の燻製などと相性抜群の、爽やかで様々なフルーツのフレーバーが楽しめる白ワインです。

単品でのご注文はこちら 》

 

ボッシェンダル ソーヴィニヨン・ブラン
ボッシェンダル ソーヴィニヨン・ブラン評価
生産地
南アフリカ
ブドウ品種
ソーヴィニヨン・ブラン,セミヨン
インポーター
三国ワイン

このワインの特徴

 

飲み飽きることなく愉しめる。料理との相性抜群のシャルドネ

ボッシェンダル シャルドネは、原産地呼称のルール上、広域の『ウエスタンケープ』とされていますが、やや下のレンジのワインというわけでは決してありません。

「エルギン」というウエスタンケープのなかでも大変標高が高い冷涼な地域があり、素晴らしいブドウが作られることで知られています。
ボッシェンダル シャルドネは、このエルギンで作られたブドウとステレンボッシュのブドウを使用しているため、表記のルール上、広域の『ウエスタンケープ』という記載となっているのです。

このワインは、フレンチオーク70%、ステンレスタンク30%という比率で熟成されています。
新樽比率は12%程度で、ワインに厚みをもたせるために樽が使われており、果実味はキープされフレッシュな味わいに仕上がっています。
フィニッシュにレモン、シトラスのテイストが残るため、飲み飽きることなく愉しむことができ、さまざまな料理とも合わせやすい白ワインです。

単品でのご注文はこちら 》

ボッシェンダル シャルドネ
ボッシェンダル シャルドネ 評価
生産地
南アフリカ > ウェスタン・ケープ州
ブドウ品種
シャルドネ
インポーター
三国ワイン

このワインの特徴

 

シラーズ主体の魅惑的な赤ワイン

このワインはシラーズが70%、カベルネ・ソーヴィニヨンが30%の配合で、オーストラリアなどでも見られるニューワールド特有の力強いワイン造りを目指したブレンドです。特にシラーズのスパイスやモカなどの特徴がよく反映したワインです。

力強い二つの品種がブレンドされているだけあって、深みがありながらも輝きのあるガーネットの外観をしています。
若々しくもあり、しっかりとしたタンニンがこのしっかりとしたワインの骨格を作り上げ、アフターにはモカや甘いスパイスを感じるなど、複雑味のある味わいです。
12~14ヵ月にも及ぶ樽熟成によって、早い段階からも、少し瓶熟成をさせても楽しめる赤ワインとなっています。

この様な果実味豊かで骨格もあるスパイシーな赤ワインには、ソースや味わいがしっかりとした肉料理との相性が抜群です!
さらに、ハチミツや醤油、スパイスなどをミックスしたソースで仕立てるスペアリブ、ビーフシチューなどにもオススメです。

単品でのご注文はこちら 》

ボッシェンダル シラーズ カベルネ
ボッシェンダル シラーズ カベルネ評価
生産地
南アフリカ
ブドウ品種
シラー(シラーズ),カベルネ・ソーヴィニヨン
インポーター
三国ワイン

このワインの特徴

 

フルーティーな味わいが特徴のカベルネ・メルロ

このワインはカベルネ・ソーヴィニヨンが主体ですが、メルロの比率が高く柔らかいタンニンとフルーティーさが特徴の赤ワインです。
メルロは粘土質や砂利質土壌で栽培されており、その滑らかさとアルコールのボリューム感がしっかりと反映された味わいに仕上がっています。

ワインのボディに厚みがあり、フルーティーさも持ち合わせたこのワインには、肉の旨みを感じさせる料理との相性がオススメです。

単品でのご注文はこちら 》

ボッシェンダル ラノイ カベルネ・メルロ
ボッシェンダル ラノイ カベルネ・メルロ評価
生産地
南アフリカ
ブドウ品種
カベルネ・ソーヴィニヨン,メルロ
インポーター
三国ワイン

このワインの特徴

生産者:
ボッシェンダル
ワイン種別:
  • 赤ワイン
  • 白ワイン
インポーター:
三国ワイン
シーン:
  • コスパ◎
  • ご褒美ワイン

地域別

地域別(ニューワールド・その他):
南アフリカ

投稿はありません

レビューを書く
通常価格: 9,000 
8,000  11%OFF
8,800 (税込)
+