日本最大級のワインメディアが厳選した「ワイン通販」

【シーフードとの相性抜群!】海のワイン飲み比べセット

世界初、世界唯一の甘口アルバリーニョとブドウ本来の特徴を活かした辛口アルバリーニョの飲み比べセット

通常価格: 4,220 
3,800  10%OFF
4,104 (税込)

セットに含まれているワイン

リアス・バイシャスとは?

 

『リアス・バイシャス』はスペインの北西部、大西洋沿いに位置するガリシア州に位置します。

東北地方の三陸海岸や三重県の志摩半島など、学生のころ地理の授業でも習ったことのある「リアス式海岸」の名前の元となった地域で、複雑な海岸線が多く、ブドウ栽培も海岸近くで行われています。
そのため、この地で作られるワインは「海のワイン」とも称されており、その名のとおり魚介類との相性がとても良いことで知られています。

とはいえ、もともと「リアス・バイシャス」は、農家の自家消費用ワインとしてしか作られておらず、1980年代に入ってようやく近代化が進み始めた地域です。
DO(原産地呼称)を取得したのも1988年と、つい最近のことで、世界的にみると比較的新しいワイン産地といえます。


 

リアス・バイシャスの気候の特徴

 

大西洋の影響を受け、冷涼ながらも多湿な産地で、年間降水量は日本並みの1,200~1,800mmくらいです。

そのためブドウの栽培方法も、カビなどの病害からブドウを守るために、日本でもよく見かける棚栽培(地面から離れたところに実らせる栽培方法)が主流となっています。
そんな日本の風土に通じるせいもあってか和風料理との相性も良く、塩をつけた天ぷらなどと合わせて飲むのもオススメです。


 

リアス・バイシャスを代表するブドウ品種『アルバリーニョ』

 

アルバリーニョは、このリアスバイシャス地方で多く栽培されているブドウ品種です。

スペインの白ブドウ品種の中で最も高貴な品種とされており、口当たりも良く、バランスの良い優れた味わいのワインが作られます。

 

さらに、このリアス・バイシャスのブドウ畑は概ね海岸付近にあり、そんな土壌の多くは酸性で貧しく水はけが良いシャブレ(xabre)=花崗岩が砕けた砂状の土壌が特徴です。
そのため、凝縮した味わいのブドウが育ち、ミネラル感のある、骨格のしっかりしたワインとなるのです。

 

 

それぞれのワインの特徴

世界初、世界唯一のやや甘口アルバリーニョ

マリエッタとはスペインで最もポピュラーな女性の名前である「マリア」の愛称です。
言うなれば「マリアちゃん」と言った意味合いで、皆に愛されるワインになってもらいたいという思いで付けられた名前です。

このワインは、「アルバリーニョ種を世界に通じるワインにしたい」という思いから、アルバリーニョを使ったワインでは他に例を見ない「やや甘口(セミセコ)」の味わいに仕上がっています。

カジュアルテイストのエチケットに仕上がっていますが、高級品種のアルバリーニョ種を100%使用した、限界まで価格を抑えたコストパフォーマンスの高い白ワインです。 

マリエッタ
マリエッタ評価
生産地
スペイン
品種
アルバリーニョ
インポーター
パラ・ジャパン

このワインの特徴

 

ブドウ本来の特徴を活かした辛口アルバリーニョ

ボデガス・アバニコは2006年にイギリス人のラファエル・デ・ハーン氏と、大学で農業を学びブドウの品質管理をしていた妻のヌリア氏によってバルセロナに設立されました。
彼らはスペイン各地を代表するトップ・メーカーとのコラボレーションを通じて、その土地の特徴に溢れたワインを世界に発信しています。

このワインは、アメリカ系の台木に接木していない自根の葡萄樹から作られており、樹齢は70年を超えています。
そのため、リアスバイシャスの代表品種アルバリーニョの特徴である高いミネラル感を存分に与えてくれます。
さらにステンレスタンクで熟成されているため、フルーティーさと上品な酸とのバランスが絶妙な辛口白ワインに仕上がっています。

ボデガス・アバニコディルヴィオ・アルバリーニョ
ボデガス・アバニコディルヴィオ・アルバリーニョ 評価
生産地
スペイン
品種
アルバリーニョ
インポーター
アズマ・コーポレーション

このワインの特徴

 

 

投稿はありません

レビューを書く
通常価格: 4,220 
3,800  10%OFF
4,104 (税込)
+

このワインと一緒に買っているのは?